スポンサーリンク

【1分読破型】本屋・予備校の市販教材の解説は なぜ難しくて理解できないのか?

試験勉強を 法律って意識してない人が多い。

法律には条文と呼ばれる「モノサシ」がある。

このモノサシ(基準)使えてるかどうかを試してくるのが本試験問題だ。

 

市販の本・予備校・通信教材買って 一人で読む?

「こんなん読んでて合格できんのかな~」

思わない方がオカシイ。

なぜなら、そもそもの法律の見方、考え方、読み方が置かれてないから。

何も知らずに 本やDVDを見た人は

「この試験難しいな~」と思うのは当然。

 

ならば具体的には どうするか?

原則例外、要件効果ってなんのことか、

今すぐ口に出して説明できますか?

できない?

だから受験生は 目をデジカメのようにして

全部覚えようとして、結果、試験でハネられる。

「覚えて どうにかなる試験」 ではない。

原則例外、要件効果 この原理があるからこそ、

試験で自信を持って答えが出せるんです。

比較表とか、重要事項のまとめだけ 書かれた本がありますよね?

あれを覚えても 時間の無駄ですよ。

ドコモやソフトバンクの携帯会社の

料金プランの比較表を見て、

右と左を単に見比べることと いっしょにしてはいけない。

そんな次元の低い発想で 試験で合格できるなら誰も苦労しない。

 

大事なことは?

「なんで比較しなきゃいけないの?」

比較の対象を見つけること、

比較の対象を持てば必ず勝てる

それだけのこと。

 

おしまい

【みんなの書き込みコメント】 名前やメルアド不要で書けるから参加してね)^o^(

タイトルとURLをコピーしました