電気工事でもっと仕事がほしい職人→管理者側に回りたい→どうやって?

【編集企画 京橋チカラの紹介】

司法書士試験合格者。行政書士試験合格者。宅建士試験合格者。

資格受験生に勉強を教えてます。

スマホ指導講座 全国対応やってます。

不動産の仕事もやってます。

いつでも声かけてね)^o^(

【仕事依頼&問い合わせ】
→京橋チカラへ仕事依頼&問い合わせはコチラ

【行政書士試験2022】

講座1
→全国対応。京橋チカラのスマホ指導講座 詳細はこちら

講座2

→【質問回答 一回完結型】分からんとこ写真撮って送るだけ 一回3000円コース

講座3

→ 関西限定 京橋チカラに家庭教師で教えてほしい方はコチラからどうぞ ※大阪兵庫京都

【宅建士試験2022】

講座1

→ 全国対応。京橋チカラのスマホ指導講座 詳細はコチラ

講座2

→【質問回答 一回完結型】分からんとこ写真撮って送るだけ 一回2000円コース

講座3

→ 関西限定 京橋チカラに家庭教師で教えてほしい方はコチラからどうぞ ※大阪兵庫京都

【司法書士試験2022 京橋チカラの教材シリーズ】

【教材1】 択一 本番新しい問題でも 正誤判断が速く正確になる方法

【教材2】司法書士2022 記述問題(不登・商登)を1時間40分で45点以上取る方法

【教材3】択一。半年合格者が試験前に作った、比較勉強ノート

【教材4】半年合格者が試験前に作った 記述問題対策の全記録ノート

【教材5】過去問とテキストだけで真の合格ルートが見えるチカラ

【京橋チカラの司法書士試験 講座】

講座1

→【全国どこでもOK】スマホ直接指導講座「クラマックスVロード」

講座2

→【質問回答 一回完結型】分からんとこ写真撮って送るだけ 一回3000円コース

講座3

→【関西限定】司法書士試験の家庭教師 喫茶店でもOK ※大阪兵庫京都

ーーー

こんにちは! モリマサです!

電気工事の現場ってのは

元請けの社員、そして 下請けの業者が数個あつまって10人20人集まる。

下請けは 自分を引き抜いてもらうため、次の仕事をもらうために

元請けの社員に全力でアピールする。

 

「これ、どーします?」

「うち、やれますよ」

全力提案、全力アピールする。

 

そしたらどうなるか?

次回の案件で

元請けは  その提案、アピールしてきた人たちに仕事を任せるようになる。

通常

元請けは 相見積もりとって 「この会社に仕事を振ろう」

決めるもの。

しかし、

めんどくさいのです。

だから、

元請けにとっては 信用できる下請けを見つけることは財産なのです。

 

現場におる 元請けの社員、監督者とは?

現場には 元請けから来た監督者が絶対一人はおる。

昨日今日入ったばかりの18歳の人も 現場では監督と呼ばれてます。

※元請けの監督者は 朝から晩まで写真撮ってるだけ。

 

その元請けの監督者が若ければ若いほど

下請けは アピールする、

元請けの人が考えてなかったことを、思いつきもしなかったことを。

そしたら?

「ええ人見つかりました」

元請けの上司に報告してくれる。

 

下請けの人たちは みんなコレを狙ってる。

元請けに信用される=人脈

工事が終わっても 新しい仕事の電話かかってくる

仕事振れる人から個人的に信用されてるから。

ということは?

職人作業だけでなく 管理者側に回れるってこと。

 

「次回予告」

電気工事業界特有の仕事の増やし方、立ち回り。

きんでん工、関電工、九電工(九州)、東電工(東海)の人とどうやって仲良く?

元請けの人と仲良くなったらなぜ仕事が増えるのか?

 

以上

タイトルとURLをコピーしました