スポンサーリンク

司法書士試験 過去問分析ポイント。キーワードは時系列「~の前」「~の後」

試験官は 時系列イジってくるのがやたら好き。

「登記差しました、ところが間違えてました、どうしましょ?」

「AがBにCをした ところがその後 Bがやっぱり」

「Aが死んだ、相続人の固有財産なった そのあと遺言書が・・」

「解散、清算・・その後やっぱり・・」

こうゆうの 試験官は大好き

そして その案件は 絶対みたことがないシロモノ。

しかし

あせってはいけない。

時系列さわってくる新種の具体例は 必ず テキストモノサシで正誤判断できる。

要は?

「あなたが覚えたモノサシ いつどこで使うか知ってますか?」

「何回も単純に条文見ただけやろ?」

そこをためしてくるときに 時系列イジった新種の具体例を見せてくる。

 

以上

 

【みんなの書き込みコメント】 名前やメルアド不要で書けるから参加してね)^o^(

タイトルとURLをコピーしました